西原理恵子 『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』 文藝春秋 2012

渡邊義弘@高木ハツ江は何でもできると思っています。

さて、西西原理恵子 『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』 文藝春秋 2012。

読者からの人生相談に、著者の人生観を披露しながら応える一冊。
読んでみると、世間の認知度が上がり、一般化が進んだことによって、著者の特徴である毒気が少なくなっているのを感じた。
そんな中でも・・・

○娘が漫画家になりたいと言い出しました。
→才能を判断するのは親じゃなくて世間様。
<第2章【家族編】近くて遠くて好きで嫌いで>

○なかなか結婚してくれない彼を決断させるのは?
→「何とかしてオーラ」が出てる女と誰が結婚するかっての!
<第3章【男と女編】ヤリたいときがヤレるとき>

・・・というのは、著者らしい毒気を感じられて印象に残った。

この本をamazonで見ちゃう

2015 1/11
人生指南
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です