公益財団法人日本都市センター 『シティプロモーションによる地域づくり―「共感」を都市の力に― 第14回都市政策研究交流会』 公益財団法人日本都市センター 2014

渡邊義弘@30台最後の誕生日にお祝いメッセージをいただいたまろみあんのみなさん、ありがとうございました。
今のスタンスも含めてお礼のお返事をFacebookにも投稿させていただきました☆

さて、公益財団法人日本都市センター 『シティプロモーションによる地域づくり―「共感」を都市の力に― 第14回都市政策研究交流会』 公益財団法人日本都市センター 2014。

(財)日本都市センターが主催したシティプロモーション研究会の報告書をまとめたもので、基調講演、弘前市の事例報告、東広島市の事例報告、意見交換会の4部構成となっている。
特にシティプロモーションの定義を・・・

○シティプロモーション=地域を持続的に発展させるために、その魅力を発掘し、内外に効果的に訴求し、人材、物財、資金、情報などの資源を地域内部で活用可能としていくこと
<基調講演 どうなればシティプロモーションは成功なのか~計画倒れにならない戦略づくり~>

・・・と明記しているところ。
また、東広島市の事例報告の中で・・・

○こういうことをあなたに知ってほしいという姿勢では通用しない→情報発信戦略ではなく、コミュニケーション戦略→”to 人々”型から”with 人々”型へ
<事例報告2 東広島市シティプロモーション事業の紹介>

・・・とシティプロモーションを発信ではなくコミュニケーションと位置づけているところは印象に残った。

この本をamazonで見ちゃう

2014 6/9
シティプロモーション、行政学、情報メディア
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です