本村凌二 『世界史の叡智 – 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ』 中央公論新社 2013

渡邊義弘@おかげさまで「まろまろ記」が12周年を迎えました。

さて、本村凌二 『世界史の叡智 – 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ』 中央公論新社 2013。

古代史家による世界史上の51人の伝記。
読んでいて一番興味を持ったのは・・

日本の武士道は西洋の騎士道と対比されることが多いが、古代ローマ人の生き方(mosmaiorum=父祖の遺風)の中にこそ、武士道になぞられるものがある
<大カトー>

・・・として、騎士道よりローマ人の気風に武士道と近いものがあると指摘している点だ。
古代史家としての研究成果もあるため、説得力を感じた。

ちなみに、副題は「勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ」とあるけれど、著者の気持ちや思い出話が多いので、どちらかというとエッセイに近い。

この本をamazonで見ちゃう

2013 7/23
歴史、伝記、エッセイ
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です