前田めぐる 『ソーシャルメディアで伝わる文章術』 秀和システム 2013

渡邊義弘@読書日記のHP・blog関連カテゴリをSNSも追加してソーシャルメディア・カテゴリに変更しました。

さて、前田めぐる 『ソーシャルメディアで伝わる文章術』 秀和システム 2013。

コピーライターとして活躍する著者による、ソーシャルメディアでの文章作成のコツをまとめた一冊。
読んでみると、より良い書き方について使用前/使用後に分けて具体的に示しているので、総じてイメージしやすい内容になっている。
中でも・・・

○「上手い文章」より「親しまれる文章」
1:発信する本人が楽しんで書くこと
2:読む人に伝わるように書くこと

○「共感できるかどうか」が価値を決める
→体験を具体的に伝えることで、相手にイメージしてもらいやすくなる
→イメージを共有すると、共感を得られやすくなる

○それが二次情報であっても、そこに入出力が加わり、思考軸が交われば、価値に変わる

・・・などは、これまで自分が感じていたことを上手に言語化しているので有益だった。
自分の発信を振り返る上でも参考になる文章指南書。

この本をamazonで見ちゃう

2013 6/9
情報・メディア、ソーシャルメディア、作文指南
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です