ノブ横地 『ソーシャルメディアの流儀』 ブランポート出版局 2013

渡邊義弘@常滑市講師派遣制度を通じて、とこなめ焼協同組合ソーシャルメディア講座の講師も担当させていただいています。
(2013年5月10日 『中日新聞』朝刊・第17面 「常滑焼の良さ ネットでPR 協同組合有志”フェイスブック”講座 販売落ち込む中 発信方法を議論」)

さて、ノブ横地 『ソーシャルメディアの流儀』 ブランポート出版局 2013。

ソーシャルメディアを利活用した事例の紹介と、共通する考え方を解説する一冊。
首都圏では無く、地方の事例を取り扱っているのが特徴だけど、一つ一つの紹介が薄いので、
「結局どんなメリットがあったのか」が具体的な成果が分かりにくい。
また、共通する考え方についても、著者の抽象的なスローガンに近いものが多く、総じて具体性に欠けていた。

ただ、そんな中でも、ソーシャルメディアの・・・

発信源は個人+他人に情報発信させるメディア
<はじめに>

・・・ということを強調して・・・

共感しあえる仲間をつくって、ソーシャルメディアの情報発信を継続できる状態をつくる
<共感してもらうしくみは他人の投稿をシェアやリツイートする>

あなた自身が自分のことを情報発信するよりも、ユーザーが情報発信したくなるネタをユーザーに提供することを優先すべき
<ユーザーが求めているのは情報発信のネタ>

・・・ということの大切さを述べているのは納得できた。

この本をamazonで見ちゃう

2013 6/8
情報・メディア、ソーシャルメディア
まろまろヒット率2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です