にざまつの「草もち」


常滑にあるにざまつの草餅をいただく。

このにざまつは、常滑焼の窯元と草もちを製造・販売するお店。
なぜ窯元が草もちかというと、もともと窯仕事をする焼物職人さんへのまかないとして作られていた草もちが評判になり、販売もするようになったとのこと。
(窯仕事は汗をかく重労働なので、一口サイズの甘いものが好まれることが多かったとされている)

知多半島産の天然よもぎを使うという本格派で、食べてみるともっちりした食感がとても美味しい。
日持ちはしないので常滑の地域外には知名度は低いけれど、常滑らしさと美味しさがつまったスイーツ。
まろまろと今日ももぐもぐ。

愛知県常滑市の「にざまつ(仁左松)」にて購入可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です