龍幸の「担々麺」


総務省の地下にある中華料理店、龍幸で担々麺をいただく。

この担々麺は、その美味しさが霞ヶ関で評判になり、今では総務省のぷち名物となっているメニュー。
食べてみると、複雑に絡み合う香辛料の中にあって胡麻の風がしっかりと主張されている。
胡麻ベースなので、スープも飲み干すこともできる一品。。
まろまろと今日ももぐもぐ。

霞ヶ関、総務省(中央合同庁舎第2号館)地下の「龍幸」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です