ながたやの「オニササ」


石垣島にある商店のながたやで、オニササをいただく。

オニササとは、”おに”ぎりと”ささ”みフライをビニール袋の中で押しつけてから食べる石垣島のB級グルメ。
こちらのお店の近くにある沖縄県立八重山商工高等学校の生徒さんたちがこの食べ方をし始めて普及したものが普及したとのこと。
商店の方の指示の通り、まずビニール袋にささみフライを入れてソースとマヨネーズをかけた後に、おにぎりを入れて両手でパフパフして食べてみると、とても濃い味で食べ応えがある。
案内していただいた西銘基恭さんによると、石垣島の高校生たちはみんなこのオニササを食べているらしい。
地元で自然発生して、自然普及し、自然に定着した本物のご当地グルメ。
ちなみに、オニササの発祥については、沖縄県立八重山農林高等学校近くの知念商店説もあるとのこと。
まろまろと今日ももぐもぐ。

沖縄県石垣市の「ながたや」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です