コグレマサト・するぷ 『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意』 インプレスジャパン 2012

渡邊義弘@松阪市で初めてとなるソーシャルメディア基礎研修をおこないました☆
(2012年5月31日 『中日新聞』朝刊・第20面 「ソーシャルメディア 松阪市職員が研修」)

さて、『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意』コグレマサト、するぷ著(インプレスジャパン)2012。

プロ・ブロガーのコグレマサト(「ネタフル」)とするぶ(「和洋風」)による、「仲間」と「収入」を目的に設定した実用書。
特に、Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアが普及した現在でのブログの位置づけや効果について述べられているのが興味深い。
たとえば・・・

○ブログが「講演会」だとしたら、ソーシャルメディアは「懇親会」
<66 個人的でささいなことを、ソーシャルメディアで共有する>

・・・というところは、自分も「まろまろ記」が本体でソーシャルメディアは出張所だと思っているので納得するものがあった。
また・・・

○爆発的にウケて一時的にアクセスが集まることよりも、長く読み続けてくれる人が少しずつ増えていくことを意識するべき
<41 Twitter、Facebookを中心にソーシャルメディアとブログを連携しよう>

○収入は大事ですが、読者との信頼関係がそれ以上に大事
→信頼がなければ、誰も紹介された商品を買おうとは思ってくれない
(読者の不利益にならない広告、信頼を損なわない商品紹介を心がける)
<71 ブログのアフィリエイトは「動的広告」+「商品紹介」を中心にしよう>

・・・などの部分は、「時代おくれのブログになりたい」と考える自分のスタンスにも共鳴するものがあった。
他にも・・・

○すぐには応えられないような質問は、いいネタの元になる
<39 コメントや質問の多かった記事の「続き」を書く>

○(ページビューの多さではなく)ぼく自身に興味を持ってくれた人からのお誘いは、とても断る気なれません
<70 苦手な相手とは距離を取りストレスを避ける>

・・・など、ツールやテクニックの部分よりも基本方針や理念の点が印象に残った一冊。

この本をamazonで見ちゃう

2012 6/20
HP・ブログ本、情報・メディア、実用書
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です