永沼家特製の「雄勝桑浜の生昆布のおひたし」


永沼さん宅で、雄勝桑浜の生昆布のおひたしをいただく。

永沼さんは去年11月に東北行脚をした時にホタテ貝の養殖再開をお手伝いしたご縁で知り合った漁師さん。
その後も松阪まちなかプラザでの物産展をお手伝いしたり、めかぶををいただくなどの交流を続けさせていただいている。
(「雄勝桑浜の生わかめと松阪牛のホルモンのしゃぶしゃぶ」)、「雄勝桑浜のめかぶのたたき」)
今回の東北行脚、再びでは、永沼さん宅に泊まり込みでワカメの収穫をお手伝いさせていただいた。

この生昆布のおひたしは、雄勝桑浜で収穫された生昆布を永沼さんの奥さんが調理した特製のもの。
短冊きりにした昆布にカツオ節と醤油をかけるというシンプルなものだけど、これが美味しい。
ほどよい歯ごたえと、生昆布の風味が口の中に広がって、活き活きとした海の味わいが感じられる。
雄勝桑浜の漁師のみなさんの復興にかける思いと、人生2度目の東北訪問にも関わらずこうしてご縁をいただいていることのありがたさを感じた一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

宮城県石巻市雄勝町、桑浜の永沼さん宅にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です