東北新幹線の「炭火焼風牛タン弁当 塩釜藻塩付」


東北新幹線の車内販売で、炭火焼風牛タン弁当・塩釜藻塩付を購入する。

仙台名物の牛タンに加えて、加熱機能付容器と麦飯、そして名前にもなっている塩釜市の特産物である塩竈の藻塩を使っているのが特徴になっている。
普段は駅弁を購入することはほとんどないけれど、東北新幹線には人生で初の乗車ということで記念にいただいてみる。
食べてみると、想像していたよりも美味しい。
特に塩竈の藻塩はかすかに甘味も感じらて、牛タンとの相性の良さが感じられた。

ちなみに、この炭火焼風牛タン弁当・塩釜藻塩付は、東日本大震災の後に既存の牛タン弁当を改良したものとのこと。
JR東日本の駅弁を担当するNRE(日本レストランエンタプライズ)の復興への意気込みが感じられる一品でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

東北新幹線Max車内販売にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です