番番の「馬刺し」


新宿歌舞伎町にある居酒屋、番番で馬刺しをいただく。

こちらの馬刺しは熊本産のものを使っているという、お店自信の一品。
食べてみると、馬刺しらしいさっぱりとした食感の中に馬肉のコクが感じられて美味しい。
品質管理の難しい馬刺しを美味しく食べさせてもらえるというのは良いお店の証拠。

ちなみに、この番番の大将はもともと管理栄養士として病院勤務していたとのこと。
それが30年以上前のお店の立ち上げの時期に関わることになり、多店舗展開した頃には病院に戻り、多店舗展開に失敗して一店舗だけになった現在は再び戻って来たという経緯がある。
このまま残ったお店を閉めるのは心苦しかったとのこと。
「人生いろいろだね」、大将のそんなつぶやきが胸に染みる。
都会の真ん中で人生と人情が交差する歌舞伎町の名店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

新宿、歌舞伎町の「居酒屋 焼鳥 番番」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です