波瀬地区のクレソン作りお手伝いで食べた「カレーライスとハヤシライスの合いがけ」


松阪市飯高町の波瀬地区(旧波瀬村)でのクレソン作りのお手伝いの合間に、カレーライスとハヤシライスの合いがけをいただく。

これは山里応援プログラム「田舎暮らし体験」の一環で、プログラム参加者が手作りしたもの。
プログラム参加者である三重大学(人文学部、医学部)と関西学院大学のみなさん、山里の未来研究会櫛田川グループのみなさん、そして地元のみなさんと一緒に食べてみると、これが美味しい。
畑仕事の後ということもあるけれど、波瀬地区で採れたお米、ジャガイモ、玉ねぎなどの地元素材を使っているところが美味しさの秘密で、これはクレソンと同じく綺麗な水を使っているからとのこと。

ちなみに、波瀬産のクレソンは以前D`S ACTで、波瀬産クレソンサラダを食べた時に美味しさを感じた。
それが今回、その波瀬産のクレソンづくりをお手伝いさせていただく機会をいただいてMAXハイテンションで取り組ませていただいた。

波瀬産のクレソン作りをお手伝いした参加者と波瀬産の素材を使った美味しい昼食を食べたながら、山里の未来を語り合ったひと時。
まろまろと今日ももぐもぐ。

松阪市飯高町波瀬地区の「栃谷の山の駅」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です