中華そば ふじいの「中華そば」


大阪の芦原橋にある中華そば ふじいで、中華そばをいただく。

透明度のある醤油ベースのスープには魚介も加えられていて、仕上げに背脂が使われている。
このスタイルは、こちらのオーナーが岡山の笠岡出身なので笠岡~尾道周辺のラーメン(朱華園などが有名)を参考にしているからとのこと。
食べてみると、魚介と背脂が使われたスープは通常の醤油ラーメンよりもずっとコクがあり、細打ち麺との相性も良い。

新なにわ筋とあみだ池筋が交差する交通の要衝にあることもあって、笠岡~尾道周辺のラーメン店と同じく、車での利便性も考えられているお店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・芦原橋の「中華そば ふじい(藤井)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です