塩尻駅名物;カワカミの「とり釜飯」


塩尻駅の名物駅弁、カワカミのとり釜飯をいただく。

塩尻駅は、東京と名古屋をつなぐ中央本線と、長野と松本をつなぐ篠ノ井線が交通の要衝。
かつては中部の鉄道交通の基点として栄えた駅として知られている。

そんな塩尻駅の名物駅弁は、明治23年(1890年)創業のカワカミのとり釜飯。
食べてみると、昔ながらの駅弁というのが意外に思えるほど味つけの濃さを感じた。
この濃い味付けが中部地方の特徴とのことなので、地域色が感じられる駅弁とも言える。

駅弁の釜飯と言えば、横川駅のの峠の釜飯が有名だけど、それに負けない伝統がある一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

長野県塩尻市、塩尻駅ホームにて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です