丸政の「山賊そば」


小淵沢駅ホームにある立ち食いそばの丸政で、山賊そばをいただく。

山賊焼きとは、ニンニク風味のタレに漬け込んだ鶏もも肉を油で揚げたもので、長野県の中信地方の郷土料理。
この山賊そばは、その山賊焼きをトッピングしているというご当地色が感じられる一杯。

食べてみると、まず力強い山賊焼きの味を感じた。
ニンニクダレや形が普通の鶏の唐揚げとは違った味わいになっていて印象的。
また、そばの方も信州らしい太めのそばが使われているので、食べ応えのあるものとなっている。

ちなみに、この山賊そばを販売する丸政は、大正7年(1918年)創業の駅弁の老舗としても知られている。
まろまろと今日ももぐもぐ。

山梨県北杜市、小淵沢駅ホーム内の「立ち食いそば・うどん 丸政」にて。

“丸政の「山賊そば」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です