酒喰洲の「つちくじらのお刺身」


人形町にある、酒喰洲をおとずれる。

この酒喰洲は、隣にある鮮魚店・桜井水産が直営する立ち飲み屋さん。
魚屋さんが経営するだけあって、鮮魚系のおつまみが充実している。
さらに、その日の仕入れによっては希少な魚介類がメニューに並ぶこともあるのが特色。

写真は、この日の希少品であるつちくじらのお刺身。
つちくじら(ツチクジラ、槌鯨、学名:”Berardius bairdii”)は、IWC(International Whaling Commission、国際捕鯨委員会)の管轄外のクジラ。
・・・だけど、日本が独自に自主規制しているので年間100頭以下しか捕獲されない希少な海産物。
このつちくじらは、千葉の和田港で水揚げされたものとのこと。
食べてみると、まさに肉々しい味で、クジラの力強さを感じることができる。

ちなみに、こちらの大将が北海道出身ということもあり、アルコールはサッポロとニッカが中心になっている。
また、焼きものや揚げものは隣の魚屋さんで調理するなど、特色が多いお店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

日本橋・人形町の「酒喰洲(しゅくず)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です