手軽にやりとりできたとしても、信頼まで手軽に得られると勘違いしてはいけない

手軽にやりとりできたとしても、信頼まで手軽に得られると勘違いしてはいけない。

情報通信技術が発展してコミュニケーションのコストが下がっても、時間も労力もお金も使わず、座ったままで信頼を得られると勘違いしてはいけない。
会いたいならば自分から足を使って会いに行く、それさえせずに興味があるとラブコールを送ったり、信頼されたいと願うのはみすぼらしい甘えでしかない。
信頼は手間暇をかけて培っていくものだ。

助言者になりたがる人や、伝統社会で地位がある人、先生と呼ばれる立場の人などにそういう人が多くても、決して影響されてはいけない。

<まろまろ記9周年記念企画、「まろまろ茶話会2010」の会場で阿闍梨餅を受け取って>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です