ふくの「ハモの軍艦巻」


立ち食い寿司とビオワインのお店、ふくでハモの軍艦をいただく。

ウナギ目ハモ科のハモ(はも、鱧、学名:”Muraenesox cinereus”)は、関西を代表する夏の味覚。
ハモを使ったお寿司としては押し寿司の鱧寿司が定番だけど、こちらのお店ではハモの湯引きを軍艦のネタにしている。

梅肉と共に食べてみると、これがとても美味しい。
ハモの処理で一番重要な骨切りがしっかりとされているので食感も柔らか。
さらに、高級品として知られる韓国産のハモを使っているとのことで、ほど良く脂ものっていてハモ特有の味わいを感じることができる。

また、こちらのお店はビオワインも売りにしているので、このハモの軍艦を含めたお寿司はすべてネタだけのおつまみでいただくこともできる。
また、ほとんどのものが塩だけで味つけされているのが大将の自信がうかがえるお店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「寿司とビオワイン ふく」にて。

“ふくの「ハモの軍艦巻」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です