Starbucks Coffee Japan(スターバックス・コーヒー・ジャパン)第15回株主総会の「アーモンドチョコレートフィナンシェとパッションティー」


Starbucks Coffee Japan(スターバックス・コーヒー・ジャパン)の第15回株主総会に出席する。

スタバ株主総会は、ウェイティング・ルームでのドリンクとお菓子が名物。
たとえば・・・
2006年の第11回株主総会は、マンゴーチョコレートケーキ。
2008年の第13回株主総会は、バウムクーヘン。
2009年の第14回株主総会は、バウムクーヘン。
・・・という風に毎年のお菓子は違うけれど、今年のお菓子はアーモンドチョコレートフィナンシェ。
フィナンシェのしっとり感と、中に入ったスライス・アーモンドのパリっと感がそれぞれ違った食感で、複雑な味わいを出している一品。
(ちなみに、個人的にはコーヒーが飲めないので今年もドリンクはパッションティーを選択)

株主総会の本番では、「メニューを見やすいように」という去年の要望が実行された報告や、
「甘く無いフペチーノを」という要望には対応していることなどが質疑応答で話されていた。
こうした株主総会での意見交換が実際に活かされている点は、かつて『日経マネー』で取材されたようにスタバの特徴でもある。

年々まわりにもスタバ株主仲間が増えてきていて、コミュニティとしても成長してきていることを感じた株主総会。
まろまろと今日ももぐもぐ。

両国国技館で開催された、スターバックス コーヒー ジャパン・第15回定例株主総会にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です