Starbucks Coffee Japan(スターバックス・コーヒー・ジャパン)第13回株主総会の「バウムクーヘン」


もろもろの打ち合わせや手続きの合間に、タイミングが合ったのでスタバの株主総会に出席。
恒例のコーヒー・ブレイク・コーナーで商品をテイスティングしてみると、今年はバウムクーヘンだった。味の方はスタバらしく甘さが強調された味わい。毎年少しずつ良くなってきているとはいえ、やはりフードはもっとマイルドな味付けにしてもらいたいと要望する。
(それでも2年前の品プリで開催された第11回株主総会の時は激甘のマンゴーチョコレートケーキだったことを考えれば格段の進歩)

肝心の総会の方はフードと同じく、毎年議論の内容が濃くなっているように感じた。
これは・・・
1:日本人株主が意見する文化が浸透しつつあること
2:現社長を含めて経営陣の半数が海外の人であること
・・・そして何よりも・・・
3:スタバの事業内容が一般人でも判断できるので突っ込んだ議論が可能なこと
・・・の3点が良い影響を与えているんだと感じる。
(『日経マネー』で取り上げられたように株主総会での意見を元にした商品開発も成功している)
そうしたことを考えるとまだまだ手放せませんな(^^)

ちなみに日本での登記上はスターバックス・コーヒー・ジャパンで、スターバックス・カフェ・ジャパンでは無かったりする。
まろまろと今日ももぐもぐ。

両国国技館で開催された、スターバックス コーヒー ジャパン・第13回定例株主総会にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です