新福菜館の「中華そば」


京都の新福菜館で、中華そばをいただく。

この新福菜館は昭和13年(1938年)創業という、京都でもっとも古いラーメン店の一つ。
何と言っても醤油ベースの真っ黒なスープが特徴で、迫力のある見た目。

食べてみると、見た目ほどの濃さはなく、思いの外あっさりとした味わい。
とはいえ、しっかりとした醤油の味を感じるのも事実で、半世紀以上もファンを獲得し続けて来たことが理解できるものとなっている。
京都を代表する一杯。

ちなみに、同じスープを使う真っ黒な焼き飯(チャーハン)も名物の一つ。
まろまろと今日ももぐもぐ。

京都・九条(JR京都駅裏、たかばし)の「新福菜館(しんぷくさいかん)」本店にて。

追記:隣にある「第一旭」も美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です