めはりやの「めはり寿司」


新宮にあるめはりやでめはり寿司をいただく。

めはり寿司(めはりずし)とは、熊野地方から吉野地方にかけた郷土料理。
ご飯を高菜漬けで包んでおにぎりにしたもので、見た目もインパクトがある。
食べてみると、高菜漬けがまんべんなくご飯に接しているのでどこを食べても外れがない。
素朴だけど地域性を感じる一品。

ちなみに、このめはりやさんはめはり寿司の初の専門店。
創業当時は「買って食べるものじゃない」という批判を受けることが多かったとのこと。
常識に挑戦していく人たちはいつの時代も美しいですね☆
まろまろと今日ももぐもぐ。

和歌山・新宮市の「総本家 めはりや」にて。

“めはりやの「めはり寿司」” への3件の返信

  1. はじめまして。mixiの足あとから寄らせていただきました。
    マイミク申請できなかったので、Twitterの方でフォローさせてもらいました(^-^)

    生まれ育ちは兵庫県、香川県に2年住み、千葉県に11年住み、現在アラブ首長国連邦です。
    私の祖父母が和歌山の本宮町出身で、めはり寿司は昔よく食べました~。
    さんま寿司も有名です。

  2. こんにちは。まろまろさま。
    わたしは和歌山に暮らしはじめて7年目なのですが、「めはり寿司」をまだ食べたことがございません。「なれ寿司」も。
    ぜひ、今度たべてみたいと思います!

  3. >ぐりぞうさん

    こんにちは☆
    めはり寿司となれ寿司はそれぞれ、関西を代表する食文化ですので機会があればぜひお試しくださいな。
    めはり寿司の方がクセがなくて初心者向きかもしれません(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です