一福の「干支焼き」


三重中京大学文化会での研修会の合間に、差し入れとして一福の干支焼きをいただく。

干支焼きとは、干支の模様になっている今川焼き(大判焼き、回転焼き)のこと。
片面に一種類の干支がえがかれているので、六種類で十二支を網羅することになっている。
自分の干支である卯を食べてみると、小ぶりなサイズなのでおやつにちょうど良い。
粒あんもとろみがあるところが良いですね。

ちなみに後ろに写っているのは担当した「地域コンテンツによる情報発信とコミュニティ創造」の研修資料。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「干支焼き ごくろうさんまんじゅう 一福」にて購入とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です