Riccet(リチェット)の「スペイン産のオリーブ」


スペイン・バルのRiccetで、スペイン産のオリーブをいただく。

このRiccetは、バルセロナのバルで修業したマスターが切り盛りしているので、カタルーニャ料理が充実している本格派。
グリーンとブラックの合わせオリーブもタパスの定番だけど、スペイン産のものにこだわっている。
ほどよい柔らかさの食感と、果肉のジューシーさを感じて品質の良さを感じた一品。

ちなみにスペインは何気にオリーブ生産量世界一だったりする。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・阿波座(西長堀)の「Bar Resutaurante Ricetto(バー・レストラン リチェット)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です