昭和食堂の「揚げパンのアイス添え」


昭和食堂で、揚げパンのアイス添えをいただく。

この昭和食堂は、昭和30年代の路地裏をイメージした東海地方発祥の居酒屋チェーン店。
・・・とは言うものの、店内もメニューも昭和らしさはあまり感じられなかった。

そんな昭和食堂の中で、揚げパンのアイス添えは数少ない昭和らしいメニュー。
食べてみると、きな粉をかけた揚げパンがお餅のようなもちもちした食感で美味しい。
まったく期待していなかっただけに意外性も感じて、最近まわりで流行っている表現を使えば、LOVEずっきゅんな味。

ちなみに、この昭和食堂には特別講義を担当した三重中京大学の学園祭の打ち上げにお呼ばれしておとずれたお店でもある。
(実は学際企画の相談に乗ったり準備のお手伝いもした)
こうして自分とは違う世代の人たちとお話する場を持てるというのは貴重な機会だとあらためて感じたひと時。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「なつかし処 昭和食堂(しょうわしょくどう)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です