一寸の「かにちり」


心斎橋の居酒屋、一寸でかにちりをいただく。

カニ鍋は関西を代表する冬の味覚。
一般的にお鍋の汁をそのままいただくのが「かにすき」、ポン酢でいただくのが「かにちり」と分けられている。
今回は、ポン酢でいただく「かにちり」を選択。

食べてみると、プリッとした身のついたカニは「かにちり」としてポン酢でいただく方がやはり美味しい。
かに鍋は殻を外すのが手間なので嫌煙する人もいるけれど、良いお出汁が出るので終わってからの雑炊も風味豊かなものになる。
実は雑炊戦士という名前にしようと思ったこともあったくらいの雑炊好き(w
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・心斎橋の「酒菜 一寸(ちょっと)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です