鳴瀬水産の「日生牡蠣」


岡山県の日生町は、瀬戸内海を利用した牡蠣の養殖が盛んな地域。
季節になればカキオコカキフライソフトクリームなど、町中が牡蠣一色になる漁港として知られている。

今回は、日生町漁業協同組合が運営する日生の五味の市で牡蠣を買い出す。
いくつか出店されている養殖業者さんの中でも、牡蠣に対する情熱にほだされて鳴瀬水産さんから購入させていだいた。

さっそく、五味の市の向かいにある、道の駅しおじでバーベキューに食べてみると、確かに美味しい。
鳴瀬水産さんが言うように、日生の牡蠣は小ぶりだけど熱を通しても小さくならないので加熱調理が向いている。
ぷりぷりとした食感としっかりとした牡蠣の風味は、まさに瀬戸内の冬を代表する味。
まろまろと今日ももぐもぐ。

岡山県日生町の「海の駅 しおじ」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です