半チャンラーメンの元祖;さぶちゃんの「はんちゃんらーめん」


神田神保町にある、老舗のラーメン店、さぶちゃんをおとずれる。

こちらのお店は半チャンラーメン発祥のお店として知られている。
半チャンラーメンとは、ラーメンにチャーハン半盛りが付くラーメンセットのこと。
古書街、学生街として知られる神田神保町で生まれたのがうなずけるメニュー。

店長のさぶちゃんが自らの鍋をふる半チャンラーメンを食べてみると、まるで劇画に出てきそうな町のラーメン屋さんの王道をまっすぐ行く味。

また、こちらのさぶちゃんはご老体ながらお客さんの顔をよく覚えることでも知られていて、今回の訪問の時も・・・
さぶちゃん:「そろそろ卒業?」
お客さん:「いえ、もう15年前に卒業しています・・・」
さぶちゃん:「前はよく来てくれてたね」
お客さん:「今は地方に住んでいるんですが、出張の度に来させてもらってます」
・・・という心温まる会話が展開されていた。

こちらのお店は、店内の衛生面やさぶちゃんがヘビースモーカーであること、魔法の粉(グルタミン酸)を多様することなどが突っ込まれることもあるけれど、これぞ日本のラーメン店というべきお店。

mixiのさぶちゃんコミュニティには「サブチャニスト」を自称するファンの人たちが集っていることからも、根強いファンに支えられているのが伝わるB級の名店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

神田神保町の「さぶちゃん」にて。

“半チャンラーメンの元祖;さぶちゃんの「はんちゃんらーめん」” への0件の返信

  1. さぶちゃんは一見、普通の味に感じますが、
    あの何とも言えない昔の雰囲気が良いですね!
    確かに店長、外で何回かたばこ吸ってました(^ ^;
    また行きたいですね~。

  2. >inojiさん
    そうそう、普通の味なはずなのに、あのお店の雰囲気と大将の人柄で特別感がありますよね!
    ずっと元気でがんばってほしいと思えるお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です