神田まつやの「そばがき」


淡路町にある老舗のそば屋さん、神田まつやをおとずれる。

大正13年に建て直された味のある店内で注文したのは、そばがき。
こちらのそばがき(蕎麦掻)は、葉のかたちに整えられて茹で上げのまま出されるのが特徴的。
食べてみると、表面はつるりとしているけれど、噛みしめるともっちりとした食感になっている。

ちなみに、このまつやは秋葉原から歩いて行ける場所にあるけれど、すぐ近くには同じく老舗の神田藪蕎麦がある。
オタクの街、アキバは現代の都市の象徴のような評価を受けることもあるけれど、実は近辺には江戸の老舗が多いことが隠れたポイントですな(^_-)
まろまろと今日ももぐもぐ。

淡路町(小川町、秋葉原)の「蕎麦 神田 まつや(松屋、松家)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です