球児(きゅうじ)の「つけ麺」(黒麺)


炭火焼きとラーメンのお店、球児でつけ麺をいただく。

こちらのつけ麺は通常の麺(白麺)に加えて、全粒粉の麺(黒麺)を選ぶことができる。
全粒粉は小麦の表皮、胚芽、胚乳を含めてそのまま粉にしたもので、ちょうど玄米と同じようなもの。

今回は黒麺を選択していただいてみると、確かに食べ応えがある。
噛みしめる度に感じる小麦粉の風味はさすが全粒粉。
つけ麺はスープよりも麺自体を味わうものだということをあらためて感じさせる一杯。

ちなみにこちらのお店は焼き鳥の「鶏鳥Kitchen ゆう」の姉妹店でもあるとのこと。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「炭火焼・つけ麺 球児(きゅうじ)」にて。

“球児(きゅうじ)の「つけ麺」(黒麺)” への0件の返信

  1. 今日行ってきました!!
    めちゃいいですね!
    しかし、大手が出店と分かって
    なるほど…細部までお金かかってますわ。

  2. > ぐっさん!
    球児に行かれたんですねー。
    確かに大手と違ってこだわりのあるお店ですよね。
    全粒粉の麺がいい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です