谷川米穀店の「うどん」


香川県にある讃岐うどん店の中でも名店と呼び名の高い、谷川米穀店をおとずれる。

この谷川米穀店はまんのう町の山の中にあって、昼11時から14時までしか営業していない。
しかも営業時間内であっても麺が切れればその時点で終了するので、やまうちうどんや訪問しにくさは日の出製麺所と並んでレア度の高いさぬきうどん店。

小さな雪が降る中で行列に並んでありつけたのは、うどんの小玉。
また、薬味で青唐辛子(写真中央)が置いていあるのも特等的。
青ネギと醤油に加えてこの青唐辛子が加わることによって、もちもちのうどんがさらにもちもち感を感じることができる。
トウガラシとうどんの相性の良さを発見できる一杯。
まろまろと今日ももぐもぐ。

香川県仲多度郡まんのう町の「谷川米穀店(たにかわべいこくてん)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です