和彩厨房 KATURAの「くわいの唐揚」


中崎町にある和食居酒屋、KATURAをでくわいの唐揚をいただく。

オモダカ科のくわい(クワイ、慈姑、学名”Sagittaria trifolia”)は田草、燕尾草、クワエとも呼ばれる、お正月の定番。
このくわいをから揚げにするという斬新さまず驚いた。
いただいてみると、スナックのような食感の後にくわいの風味が口の中に広がる。
「芽が出る」ことにかけた正月らしいくわいをおつまみにする着眼点に、ご一緒した人たちと一同感心した一品。

ちなみにキタの中崎町はミナミの新町と共にここ数年で急速に発展している町。
そんな中崎町にあってこちらのお店は女性のオーナーシェフと女性スタッフで切り盛りしているという暖かいお店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・中崎町(梅田)の「和彩厨房 KATURA(katsura、わさいちゅうぼう・かつら)」にて。

“和彩厨房 KATURAの「くわいの唐揚」” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です