大丸屋の「どてやき」


難波の歌舞伎座の裏は居酒屋街とおかまさんストリート、ラブホテル街が交差する大阪屈指のディープ・エリア。

そんな歌舞伎座裏で50年来営業している老舗の居酒屋、大丸屋をおとずれる。
ちょうど日本酒居酒屋の名店・山三の並びにあって、これまた同じようなお店の造りになっている。

こちらの名物はこれまた50年前からレシピが変わっていないというどてやき。
土手焼き(ドテヤキ)とは、牛スジ肉を甘辛く煮込んだもので、居酒屋の定番メニュー。
(関東のもつ煮と似ている)

いただいてみると、こりっとした食感の牛すじ肉と甘辛い味付けが合いまって名物なのも納得。
実におつまみおつまみしている味わい。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「大丸屋(だいまるや)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です