海燕の「ロールキャベツ」


本郷と春日をむすぶ菊坂は樋口一葉が暮らした場所でもあるように、東京の下町の風景が残った場所。
そんな菊坂に根津からロシア料理の名店として知られる海燕が移転してきたと聞いて、文京ごはんの開拓で行きたいと思っていたお店。
今回は上京時にたまたまタイミングよく文京ごはん開拓の同行を希望される人がいたので、文京区友の会文京ごはん開拓オフ会としておとずれる。

写真はランチ・コースのメインとして選択したロールキャベツ。
実はロールキャベツは、今ではすっかり日本に定着した料理だけど、代表的なロシア料理でもある。
(昔からロシア料理は日本人の口に合うと言われているらしい)
こちらのロールキャベツは、ロシア料理らしくスメタナ・ソースをベースにしたオリジナル・ソースがたっぷりとかけられている。
ロールケーキ自体はもちろん、このソースがとても美味しくてロシアパン(写真奥)との相性も抜群。
他のメニューも職人気質のマスターの人柄を反映して、一品、一品がしっかりとした味わいで大満足。

一身上の都合はまだ続いているけれど、文京区友の会の会員さんも1000人を突破。
今回の文京区友の会ランチオフ会も定員を超える人たちが参加表明していただき、結局二度に渡って定員を増やすこととなった。
(マスターに感謝!)
本郷と春日をむすぶ小路地にあるお店だけに、このオフ会も地域の情報交換、交流の小路地になればと感じた会食。
まろまろと今日ももぐもぐ。

本郷菊坂下(東京都文京区本郷4-28-9)の「ロシア料理 海燕(かいえん、カイエン、うみつばめでは無い)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です