作ノ作の「醤油チャーシューラーメン」


ミナミの夜を彩るエリア、宗右衛門町にあるラーメン屋さんの作ノ作をおとずれる。

注文したのは名物のしょうゆチャーシューラーメン。
単なるチャーシュー麺とは違って薄切りにしたチャーシューが丼いっぱいに並べられているという、実に迫力のある一杯。
まるでチャーシューのラフレシア(w

食べてみると、これが美味しい。
醤油味と言ってもこちらは豚骨ベースなので、醤油とんこつのスープになっていてコクがある。
また、麺ももっちり感があって濃厚なトンコツとの相性もいい。
(とんこつの臭みは一切なかった)

ただし、このチャーシュー麺は混雑時は手間がかかるため作ってくれないこともあるので注意が必要。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)、宗右衛門町の「『元祖豚骨ラーメン 作ノ作(さくのさく、作乃作・作之作では無い)」にて。

“作ノ作の「醤油チャーシューラーメン」” への0件の返信

  1. 豚丼特盛り・・・ってな感じですネ

    宗右衛門町には、行かないですが
    こんど、「ぶらり途中下車」して行って見ます

  2. >銭形さん
    そうそう、もはやチャーシュー麺というよりも豚丼な見た目です。
    宗右衛門町は夜の街らしいディープなお店も多いので一度ぜひいってみてくださいな。

銭形 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です