玉出 とり一番本舗の「カッパ」

特命係長プレイの流れで、焼鳥屋さんの玉手とり一番本舗で焼き鳥る。
こちらは焼き鳥と言っても、よくある串焼きされたものが出てくるのでは無く、テーブルでお客さん自身で焼いて食べるスタイル。ちょうど焼肉と同じ方式で焼鳥を食べるお店なので、わいわいと会話もはずんだりする。

写真はカッパ。
カッパ(河童)とは、鳥の胸の軟骨のこと。ほどよく胸肉がついていて、単なるナンコツよりもジューシーなものになっている。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「玉出 とり一番本舗(鳥一番、鶏一番)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です