炙屋小鉄の「黄レバーの刺身」(黄肝)


神楽坂はmixi牛込神楽坂コミュニティの管理人をつとめるほど、文京区と並んで馴染みが深いエリア。昔通っていた京都を思い出すお気に入りの地域でもある。

そんな神楽坂で会合。
神楽坂在住の友人が連れて行ってくれたのは炙屋小鉄。炭火焼のお店で、焼肉のように自分たちで七輪(七厘)を使って焼き上げるスタイルのお店。
今回は「今日は黄レバーが入ったのでおすすめですよ」と店員さんがすすめてくれたので黄レバーを注文。
黄レバ(黄肝)とは、脂肪肝が進んだ肝臓のことで、貴重な白肝のさらに進んだ状態のものを指す。
いわゆる鳥のフォアグラの最上級のもの。

食べてみると、口溶けが良くて実に濃厚。見た目も食感もウニ(雲丹、うに)を連想させる。
確かに美味しいけれど、いつも入荷するわけではないらしいので注意が必要。
まろまろと今日ももぐもぐ。

神楽坂の「炙屋 小鉄(あぶりや・こてつ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です