343鮨の「中トロの二枚重ねにぎり寿司」

二枚重ね寿司として知られる343鮨をおとずれる。店名は「343」と書いて、「さしみ」と読む。
その名の通り、こちらのにぎり寿司は二枚重ねになっていて、上の一枚を刺身として食べ、下を握り寿司として食べるというスタイルになっている。お刺身もお鮨も両方一口ずつ味わえるので、かなり合理的なシステム。

写真はマグロの中トロの二段重ね寿司。上の一枚(刺身)は脂ののったトロの口どけを味わい、下(寿司)はシャリと一緒に鮪を味わう。同じ部位でも味わいが違うことを感じさせてくれる一貫。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・大国町の「元祖343鮨(さしみずし、さしみすし)」にて。

“343鮨の「中トロの二枚重ねにぎり寿司」” への0件の返信

  1. 343寿司…わたくし難波のお店に潜入したことがりますよ。
    一度で二度美味しいお寿司ですよね。
    結構お気に入りのお店になりました。
    また遊びに来ます。
    今後ともよろしくお願い致します。

  2. >ぐるめ流。さすらいさん

    いらっしゃいませ!
    うんうん、情報交換したいですね。
    mixiにもコミュニティありますのでよかったらどうぞです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です