大黒の「かやくご飯」


かやくご飯の老舗として知られる大黒で、名物のかやく御飯をいただく。かやくごはんとは、関西風の薄口の炊き込みご飯のことで、かやく飯(かやくめし)とも呼ばれている。
関西以外の人からは名前を不思議に思う人も多いけれど、火薬御飯ではなく加薬御飯というのが名前の由来となっている。

食べてみると一般的な五目ご飯や混ぜご飯よりはずっとシンプルで、ごぼうや油あげなど身体に優しい具材(かやく)が特徴的。
ご飯をかみしめる度に出汁の風味もほんのりと感じることのできる関西らしい一膳。

ちなみにこの大黒は池波正太郎も愛好していたことで知られている。
(ただし池波正太郎は食べ歩きが趣味だったので”愛した店”というのは各地にある)
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「大黒(だいこく、大国ではない)」にて。

“大黒の「かやくご飯」” への0件の返信

  1. ピンバック: 日常の履歴
  2. ピンバック: Fat-Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です