大阪屋の「おばけ」(さらし鯨)


大阪・梅田の中心中の中心にありながも、場末感がただよう新梅田食堂街の居酒屋、大阪屋をおとずれる。こちらは1階が立ち飲み、2階が座敷も含めたテーブル席になっているので用途に合わせて使い分けることができる。

注文したのは「おばけ」。おばけとは、鯨の尻尾の皮をさらしたもので、さらしくじらとも呼ばれている。尻尾(尾羽)の皮をスライスしてから茹でるため、尾羽毛(オバケ)と呼ぶようになったとか。

食べてみるとハモ(鱧)の食感と、魚の脂身の味がするという不思議な味わいおつまみだった。酢味噌とよく合いますな。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・梅田、新梅田食道街の「サラリーマン酒蔵 大阪屋(おおさかや)」にて。

0 Replies to “大阪屋の「おばけ」(さらし鯨)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です