つちやの「柿羊羹」

大垣三大銘菓の一つ、つちやの柿羊羹をいただく。
大垣はかつて大柿と表記されていたこともあるくらい、柿の名産地として知られている。この柿羊羹は、干し柿をジャムのようにして竹筒に流し込み、固めた大垣を代表する和菓子。西美濃原産の渋柿の中で最高品質といわれる「堂上蜂屋柿」を使用している。

食べてみると、ヨウカンというよりも硬めのゼリー(グミ)に近い食感だった。干柿に加えて砂糖も使用しているらしく、食べるにしがたって糖度の高さを感じた。こってりとした甘さのある一本。

ちなみに金蝶園の金蝶饅頭田中屋のみそ入りせんべいつちやの柿羊羹が大垣三大銘菓に数えられるらしい。
まろまろと今日ももぐもぐ。

岐阜県大垣市の「柿羊羹のつちや(槌谷)」にて。

“つちやの「柿羊羹」” への0件の返信

  1. これは私はあんま好きじゃないけど、見た目のインパクトで
    リクエストされる大垣みやげNo1ですね!

  2. はは、案内してくれた大垣ガール(仮名)さんもあんまり好きじゃないと言っていました。
    竹筒に入っているので確かにお土産としてはいいかもしれませんね。

maromaro へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です