Maison du Chataigne(メゾン・デュ・シャテーニュ)の「牛トリップ入り子羊のナヴァラン・プランタニエ」

根津の言問通り沿いにあるフレンチのお店、Maison du Chataigneをおとずれる。こちらのお店はフレンチの名店と名高いアピシウス出身の栗原シェフが腕を振るうお店として前々から興味を持っていた。
今回は一時上京に合わせて、文京区友の会文京ごはん開拓ランチオフを開催して念願の訪問。

写真はメインで選択した牛トリップ入り子羊のナヴァラン・プランタニエ。フランス料理の定番、子羊の煮込みに胃袋のトリップ=tripe(イタリア語だとトリッパ=trippa)を加えているのが特徴的な一皿。濃厚な味つけに負けない牛胃袋の食感がアクセントになって、子羊の煮込みを引き立ててくれている。さらにインゲンと添えられたライスもソースとの相性が良くて、これだけでも大満足な一皿になっている。

ちなみに前回のLa Goulue開拓ランチオフ会に引き続いて、今回も定員をオーバーする参加希望者の数でお店に予約変更をお願いすることに。
一身上の都合で会長自ら主催するオフ会の頻度が減っているにも関わらず、普段以上の濃密さで参加していただける文京区友の会メンバーの人たちに感謝!
まろまろと今日ももぐもぐ。

根津(東京都文京区根津2-14-10)の「Rotisserie Maison du Chataigne(ロティスリー・メゾン・デュ・シャテーニュ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です