すしダイニングの「伊勢エビのにぎり寿司」

三重をおとずれたので、東海ごはんのネタにもなる三重らしい食材を使ったお鮨として伊勢海老の握り寿司をいただく。伊勢えびをご飯と一緒に食べたのははじめてだったけど、食べてみると実に美味しい。伊勢エビの甘さとぷりぷり感が想像以上にシャリとマッチしていた。ぷりっとした食感の後に甘味が広がる一品。まさに三重らしい寿司ネタですな。
ちなみにこのお寿司は読書日記の過去ログによく登場する服部靖弘と一緒に食べたもの。気兼ねない相手との会食はリラックスしますな。
三重県津市の「魚菜 すしダイニング」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です