大口屋の「餡麩三喜羅」(麩まんじゅう)

文政元年(1818年)創業の名古屋の老舗和菓子屋さん、大口屋で餡麩三喜羅をいただく。餡麩三喜羅とは、「あんぷさんきら」と読む麩饅頭のこと。
食べてみると、もっちりとしたお麩の中にはかなり軽めのこしあんが入っている。もちもちした食感と口どけの軽さが両立されている一品。
山帰来(別名サルトリイバラ)の塩漬けに包まれているので、その塩味と香りもアクセントになっている。
ちなみにこの麩まんじゅうはコンシェルジュの人から助言を受けて購入したものだけど、さすがコンシェルジュは外しませんな(^_^)v
名古屋駅、松坂屋1階の「大口屋(おおぐちや)」にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です