宮部みゆき 『火車』 新潮社 1998

まろまろ@実はクレジットカードは持たないようにしています(^_^)v

さて、『火車』宮部みゆき著(新潮社)1998。

休職中の刑事は、親戚から失踪した婚約者の捜索を依頼される。
消えた婚約者を追いかけながら、刑事は現代社会の抱える地獄と、
それから必死で逃れようとする女性の痕跡を発見していく・・・

初めて読んだ宮部みゆき作品。
読んでみると、失踪者の痕跡を追いかける推理小説(ミステリー小説)としての面白さに加えて、心理描写に迫力を感じた。
特に、失踪者の痕跡からその状況や心理を予想していく場面には、何度かハッとさせられるところがあった。

また、幸せになりたいともがきながら、簡単に手に入る錯覚に溺れてしまった人たちと、
それに関わる人々の中に見え隠れする善意と悪意の絡まりも印象深かった。

そして、まるで叙事詩のようなラストは賛否両論があるらしいけど、僕にとっては納得いくものだった。

この本が書かれた時と今とでは、法制度や情報技術などがかなり違ってきているけれど、
それらを差し引いてもミステリー小説としての迫力は十分に感じられる一冊。

この本をamazonで見ちゃう

2007 12/5
小説
まろまろヒット率4

“宮部みゆき 『火車』 新潮社 1998” への0件の返信

  1. ピンバック: 本を読む女。改訂版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です