近江屋本店の「串かつ」

再合併した父方の祖母(戸籍上は叔母)に連れられて、新世界にある串カツ屋さんの近江屋に入る。新世界で数多い串かつ屋さんの中でなぜ近江屋なのかと聞くと、串かつが独特だからとのこと。
注文してみると確かに見た目からして違う。衣にパン粉を一切使っていないので、フリッターのようにふわっとした外見。そして食べてみると串かつとは思えないもっちりとした食感。たぶん山芋を使っているんだろうけど、八重勝だるまヨネヤなどの他の串かつ屋さんと比べても特徴的。美味しくいただけました。おばあちゃん(おばちゃん)に感謝!
大阪・新世界(動物園前)の「近江屋(おうみや)」にて。

“近江屋本店の「串かつ」” への1件の返信

  1. ピンバック: 串かつの”衣”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です