ガース・ウイリアムズ、まつおかきょうこ訳 『しろいうさぎとくろいうさぎ』 福音館書店 1965

うさぎには何かと縁が深い、まろまろ@顔もうさぎ顔と言われます(^_^)v

さて、『しろいうさぎとくろいうさぎ』ガース・ウイリアムズ文・絵、まつおかきょうこ訳(福音館書店)1965。

白うさぎと黒うさぎの二匹のうさぎは、森で仲良く暮らしていた。
ある日、黒うさぎは何をしても哀しそうな顔をして考え込むようになった。
心配した白うさぎの問いかけに、黒うさぎはその理由を応える・・・

『ピーターラビットのおはなし』を読むと、「この本もぜひ読んでください!」とまろみあんからすすめられたうさぎ本。
読んでみると、一切のひねりがない実に直球勝負なラブストーリーだった(w
精密なタッチで毛の一本一本まで描かれている絵も見所の一つ。

ちなみに原題はこれまた実にストレートに“The Rabbits’ Wedding”だったりする。

この本をamazonで見ちゃう

2007 9/17
絵本
まろまろヒット率3

“ガース・ウイリアムズ、まつおかきょうこ訳 『しろいうさぎとくろいうさぎ』 福音館書店 1965” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です