ビアトリクス・ポター、いしいももこ訳 『ピーターラビットのおはなし』 福音館書店 2002(新装)

まろまろ@大阪にいる間は大阪市立中央図書館を活用しています。
(空いていれば研究個室も使えて便利です)

さてさて、『ピーターラビットのおはなし』ビアトリクス・ポター著・絵、いしいももこ訳(福音館書店)2002新装。

森に住むウサギのピーターは、お母さん(ママラビット)の言いつけを破ってマグレガーさんの庭にもぐり込む。
そこでマグレガーさんに見つかってしまったピーターは必死で逃げようとするが・・・

世界一有名なうさぎの絵本。
僕は何かとうさぎと縁があるのに、これまで兎本は読んだことは無かったので手に取った一冊。
読んでみるとハラハラ・ドタバタ系の脱出冒険物語で、いたずら好きなピーターが活き活きとえがかれていた。
また、冒頭でいきなり「肉のパイにされてしまった」(お母さん談)とあっさり片づけられていたお父さんラビットも気になった(w

ちなみに原題は“The Tale of Peter Rabbit”(1902)なので、「ピーターうさぎのお話」と訳する本もあるらしい。

この本をamazonで見ちゃう

2007 9/15
絵本
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です