さそうあきら 『神童』 双葉社 全3巻 2003

まろうさバースデーケーキをもらった、まろまろ@人生の冬の時代に人情が身に染みます(TT)

さて、『神童』さそうあきら著(双葉社)全3巻2003。

音楽大学受験に失敗してに浪人中の和音は、小学五年生のうたと知り合う。
野球に打ち込むうたはピアノの天才だった・・・

音が出せない漫画なのに音楽の迫力が表現されていて、うたの神童ぶりが伝わってくる。
映画版のキャッチにもなった、うたのセリフ「わたしは音楽だから」が印象深い作品。

音楽漫画の最高傑作の一つとして評価されているらしいけれど納得の一冊。

この本をamazonで見ちゃう

2007 5/27
マンガ本
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です